米国株

NY証取 上場廃止問題 チャイナ・モバイルの取り扱いについて、マネックス証券さんに聞いてみた

中国移動(チャイナ・モバイル)、中国電信(チャイナ・テレコム)、中国聯通(チャイナ・ユニコム)の上場廃止問題が、二転三転しています。

以下ざっと時系列で整理してみますと、

[2021年1月1日 10:34 ブルームバーグ] 

ニューヨーク証券取引所は12月31日、中国の通信大手3社を上場廃止にすると発表した。中国人民解放軍との関係があると認定された企業への投資を制限する米大統領令に対応した。
NYSEの発表資料によると、チャイナ・モバイル(中国移動)とチャイナ・テレコム(中国電信)、チャイナ・ユニコム(中国聯通)香港は1月7-11日に上場廃止となる。

[2021年1月5日 12:14 ブルームバーグ]

ニューヨーク証券取引所は4日、中国の大手国有通信会社、チャイナモバイル(中国移動)とチャイナテレコム(中国電信)、チャイナユニコム(中国聯通)香港について、上場廃止措置を進める意向はないと発表した。

 ロイター]

ニューヨーク証券取引所は、中国通信3社の上場廃止計画を再開する可能性がある。関係筋が5日、明らかにした。

 

なごむ
なごむ
どっちやねん!w

って感じです(笑)

というわけで、本日は私が米国株のメイン口座にしているマネックス証券さんに、保有している[CHL] チャイナ・モバイルの今後の取り扱いについて確認した結果など、シェアさせていただこうと思います。

同様の銘柄を保有されている方の参考になりましたら幸いです。

マネックス証券さんの動き

まず、マネックス証券さんの動きについてです。

[2021年1月5日 午後0:52] 岡元さん個人アカウントのツイートです。

ただこの時点では、マネックス証券の外国株サイトの表記は以下の通りでした。

米国政府が発表した特定の中国企業への投資の制限を詳述する執行命令13959Q&Aにより、2021年1月5日から下記の銘柄の新規買付が停止しております。 対象銘柄: CHL、CHA、CHU、CEO

 

マネックスさんには、たびたび問い合わせをしています

ちょうど昨年の秋頃、トランプ大統領の中国企業に対する一連の動きのなかで、中国株で米国にADRとして上場している企業の締め出しの噂が流れたことがあったかと思います。

そんな折、Yahoo!ファイナンスのチャイナ・モバイルの掲示板で、

香港にスライド対応する証券会社に移管すればいいです。

と、コメントされている方がいらっしゃいました。

マネックスさんは中国株も扱っているので、そういった対応をしてもらえるのかなぁと思って、そのときに気軽な感じで問い合わせしてみたことがあったのでした。

昨年秋時点でのマネックス証券からのお返事

以下がそのときの回答です。

せっかくお問い合わせいただいたなか心苦しい回答となりますが、
米中関係の影響で【CHL】チャイナモバイルが米国市場に上場できなくなった場合の
当社取り扱いにつきましては、未定でございます。

米国市場での購入を検討いただいているためお問い合わせをいただいているなか
大変恐縮ではございますが、本件につきましてはご容赦をいただきますよう
お願い申し上げます。

まあ、そうですよね という内容です。

その後大統領選に突入、このあたりの問題もその影に隠れていた印象でしたが、今回は本格的に勃発。

1/2にまた問い合わせをしてみたのでした。

今回のマネックス証券からのご回答

マネックスさんは、色々お問い合わせしても、毎回きちっとお答えが返ってくる、ほんと真摯な印象なのですが、今回は上記にとおり二転三転したこともあったのでしょう。

今日1/6 12:54に以下の通りご回答をいただきました。

いつもマネックス証券をご利用いただき誠にありがとうございます

回答までお時間をいただくこととなり、申し訳ございません。
お問い合わせをいただいた件について、回答申し上げます。

大変恐縮ではございますが、現状におきましては【CHL】チャイナモバイルが
米国市場から上場廃止された場合の取り扱いにつきましては、未定でございます。

本件につきましては、上場廃止が決定次第、企業より取り扱いについての案内が
行われるものと存じます。

当社におきましても、発表された内容に準じた対応をいたしますが、現時点では
詳細はできかねますことご容赦お願いいたします。

 

なごむ
なごむ
ぜんぜん申し訳なくないです。恐縮です。。

 

で、「おー」と思ったのはこちらですね。

上場廃止が決定次第、企業より取り扱いについての案内が行われるものと存じます。

チャイナ・モバイルから何がしかアナウンスがされるということのようですね。

現在のマネックス証券の状況

本日10:05に上述した外国株ページの説明文が以下の通り更新されています。

【米国株】特定の中国企業への投資の制限について(2021年1月6日10:05更新)

米国政府が発表した特定の中国企業への投資の制限を詳述する執行命令13959Q&Aにより、
2021年1月5日より下記の銘柄の新規買付を停止している旨、ご連絡しておりましたが、1月6日現在、新規買付含めて売買ともにお取引いただけます。
今後、状況によりましては再び新規買付停止または上場廃止となる可能性がございますので、最新の情報をご確認いただきお取引いただくようお願いいたします。
更新がございましたら本ページにてご連絡いたします。

対象銘柄: CHL(チャイナ・モバイル)、CHA(中国電信)、CHU(チャイナ・ユニコム)、CEO(クヌーク)

取引できるようになったようですね。

再廃止決定の模様(1/7早朝 追記)

ムニューシンさんの横槍で、再検討、11日廃止という報道です。

China stocks fall as NYSE flip-flops back to delisting 3 Chinese telecoms

U.S. traded shares of Chinese companies fell Wednesday as the New York Stock Exchange changed its mind once again on whether or not to delist a trio of China-based telecom stocks.

yahoo! finance Market Watchより

マネックス証券の情報も更新されました。

【米国株】特定の中国企業への投資の制限について(2021年1月7日0:40更新)

米国政府が発表した特定の中国企業への投資の制限を詳述する執行命令13959Q&Aにより、
2021年1月5日より下記銘柄の新規買付を停止し、1月6日に新規買付を再開しておりましたが、取引所において再度上場廃止が計画されていることから1月7日より再び新規買付停止を行っております。
現状では2021年1月11日を最終取引日として以後取引が停止される可能性がありますので、ご注意いただきますようお願いいたします。
最新情報について更新がございましたら本ページにてご連絡いたします。

対象銘柄: CHL(チャイナ・モバイル)、CHA(中国電信)、CHU(チャイナ・ユニコム)、CEO(クヌーク)

チャイナ・モバイルの値動き

5日:前日比+2.49(+9.27%) $29.35- と大幅高で終了。

6日プレマーケット:29.98 +$0.66 (2.25%)と上昇

6日終値:前日比-1.65 (-5.62%) $27.70

配当利回りも6.73%と高水準なので魅力ですが、ちょっとどうしようも無いですね。。

なごむ
なごむ
チャイナ・モバイルからの発表を待つ感じになりそうです。

以上、チャイナ・モバイルを中心に、ニューヨーク証券取引所からの上場廃止問題について、取り上げてみました。

なにがしか参考になりましたら幸いです。