【増やす】資産を増やす

保有中の半導体関連銘柄について。各社の扱う製品・業態を整理してみた。

みなさま半導体関連の銘柄はお持ちでしょうか?

私KAZUは少ない株数ですが、以下の銘柄を保有しています。

半導体製造装置関連

  • [8035] 東京エレクトロン
  • [KLAC] KLAテンコール
  • [LRCX] ラムリサーチ

半導体そのものを作っている会社

  • [INTC] インテル
  • [QCOM] クアルコム
  • [TXN] テキサス・インスツルメンツ

製造受託会社(ファウンドリ)

  • [TSM] 台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング

そんな中で本日は、

  • 実際に半導体を作っているメーカーごとの違い
  • 日本の半導体関連の現状

などについて、簡単にですが整理してみました。

何かのご参考になりましたら幸いです。

まずは半導体ってなに?ってところから簡単に

私も理系の人間ではないので、正確な説明は他のサイトに譲るとして、

  • 電気を通すもの:導体
  • 電気を通さないもの:絶縁体

この両方の性質を持ち合わせたもの=半導体です。

 

ツッコミ
ツッコミ
そのままやん!

って言われそうですが、この両方の性質を活かすと何ができるかが分かると、半導体の重要性が認識できます。

できること、それは、

「電気を通す」→「通さない」→「通す」→「通さない」・・・

これで、「1」と「0」のデジタル信号が作り出せるというわけです。

この性質を利用して、いま半導体は、コンピュータの演算装置(CPU)やメモリなど、様々な電子デバイスで使われ、必要不可欠なものとなっているわけです。

 

半導体にもいろいろあります

以下の説明も技術的には正確とは言い難いでしょうが、投資をする上での銘柄の区分けという視点で、まとめてみました。

PC/データセンター向け半導体

昔はインテルの一人勝ちだったのがこの分野です。

そこに割って入ったのがアドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)です。

主にコンピュータの心臓部=CPU(演算装置)まわりの半導体になります。

最近はクラウド化と言って、なんだか実態が無いようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、クラウドと言っても、実際はコンピュータのハードがあって、それが数多く稼働するデータセンターが全世界にあります。

米国株銘柄をからめて解説:クラウドサービスの「クラウド」って、いまいち分からないって方へコロナ禍で在宅勤務による業務のオンライン化が進む一方で、医療・教育・販売などさまざまな分野でデジタル化の動きが一層進んでいます。 ...

この分野を両社が争っているというイメージで間違い無いと思います。

携帯電話向け半導体

インテルが4Gで敗れ、5Gで諦めたのがこの分野です。

なぜ、PCやデータセンター向けが作れて、スマホ向けでダメだったのか、ポイントは、

  • 小さい あのスマホサイズに収めて通信機能も必要
  • 省電力 PCと違って電源繋ぎっぱなしでは使いません
  • 熱くならない工夫 PCにはファンだったり、熱を逃す部分があったりします

ココがどうにもならなかったといったところです。

 

メーカーとしては、米国株ではクアルコム(QCOM)でしょうか。「スナップドラゴン」という名前のチップセットは、多くのスマートフォンに搭載されています。

韓国サムスンもスマホ用の半導体を製造しています。

そのため、サムスンのAndroid端末などでは、同じ機種にもかかわらず、

  • グローバルモデル:サムスンの半導体チップ
  • 日本向けに販売された同機種:スナップドラゴン

なんてことがあったりします。

 

またこの分野では、少し前にソフトバンクがエヌビディアへ売却することになって、名前をよく聞くようになったイギリスのARMホールディングスといった企業もあります。

半導体を実際に作るのではなく、半導体の設計図をメーカーに提供して、その設計で作られた製品が売れることによるライセンス収入を受け取るようなビジネスモデルの企業です。

半導体汎用メモリ

「DRAM価格」といった言葉を聞かれたことがあると思いますが、半導体のなかでも一番価格の低い製品分野になるかと思います。

上の2つは、PCとスマホという違いはあれど、処理の中枢を担う頭脳・CPUですが、メモリは情報を保持する記憶素子に過ぎません。

フラッシュメモリ、SRAM/DRAMなど、用途や性能はぞれぞれ異なるのですが、この分野になります。

サムソン電子やSKハイニックスといった韓国勢が幅をきかせている分野です。

米国株では、マイクロン・テクノロジー(MU)でしょうか。2013年に日本のエルピーダメモリを買収したのが同社になります。

アナログ半導体

半導体にはアナログ半導体なるものがあります

例えば人間の感覚(五感)、これはアナログですよね。これを上述したデジタル信号に変換する役割を担うのがアナログ半導体です。

五感→アナログ半導体でデジタル信号化→コンピュータ処理(デジタル信号)→再びアナログ半導体でアナログ信号化に伝える

といったことが出来たりするわけです。

 

アナログ半導体で、一番有名な会社は、テキサス・インスツルメント(TI)です。

あとは、シンガポールに本社を置くブロードコム(AVGO)もあります。ティッカーシンボルがAVGOなのは、アバゴ・テクノロジーという会社がブロードコムを買収し、ティッカーのみアバゴを引き継いだことによるためです。

この企業はM&Aに非常に積極的で、一時は上述したクアルコムの買収に動いていました。

エヌビディア・ザイリンクスといった企業も

アームの件で取り上げたエヌビディア(NVDA)も半導体メーカーです。

ゲーム用だったり、仮想通貨のマイニングで名を馳せましたが、いまや株価は大きく上がりました。

画像処理系のGPUに優位性を持つ企業です。

またザイリンクス(XLNX)という、FPGA(後から内部の設計を変更できるような半導体)を得意とするメーカーもあります。

そんなザイリンクスは、2020年10月28日にアドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)に買収されることに合意しています。

一般的な半導体

  1. 設計時に仕様や機能を定める
  2. 製造時に①の仕様に沿って全ての回路が固定される

そのため、後から変更する事は出来ない。

FPGA(field-programmable gate array)は、その点

  1. ユーザが手許で必要な回路の構成情報を設定できる
  2. 何度でも再設定することで再利用や修正が可能

という利点があります。

日本の半導体メーカーは?

一方、日本の半導体メーカーは、DRAMを席巻していた一時の隆盛は何処へやら、まさにつわものどもが夢の跡です。

エルピーダメモリは上述のとおり、Micron Technologyの一部となり、東芝メモリはすったもんだの末、キオクシアとなり存続していますが、昨年秋の上場を延期、

「米半導体大手のマイクロン・テクノロジーとウエスタンデジタルが、それぞれキオクシアに対するM&Aを検討している」

といった噂が出たりもしています。

 

唯一、2019年のQ3の半導体売上高ランキングには、ソニーセミコンダクタソリューションズが9位に食い込んでいます。

2020年段階で、同社のCMOSイメージセンサー(簡単に言うと電子の眼)が、世界シェア50%を超えているのが大きい模様です。

日本の砦は、製造装置と素材メーカー

半導体製造装置メーカー

  • [8035] 東京エレクトロン
  • [6857] アドバンテスト
  • [7735] SCREENホールディングス
  • [6146] ディスコ

素材系

  • [4063] 信越化学工業
  • [3436] SUMCO
  • [4185] JSR
  • [4109] ステラ ケミファ

等々、世界でのシェアの高い企業がまだ数多くあります。

半導体メモリでの教訓をもとに、5Gそして次の6G時代も見据え、頑張って欲しいところです。

ちなみに、

KAZU
KAZU
実は、私は上で挙げたとある日本の半導体関連メーカーにずっと勤めてました。

 

そういう意味でもほんと頑張って欲しいと思っています。

以上、本日は半導体を切り口に簡単にですが、まとめてみました。