米国株

AMDがザイリンクスを株式交換で買収 株式交換ってなに?お金は貰えないの?といった疑問のまとめ

なごむ
なごむ
半導体関連銘柄へ投資中、投資したいなーという方へ

[AMD] アドバンスト・マイクロ・デバイセズが、3兆6000億円でザイリンクスを買収するとの報道がありました。

規制当局の承認取得を進め、2021年末までの統合をめざす。

なので、独禁法に抵触しないか等の審査を経てからになるようですが、株式交換で買収するため、キャッシュアウトは無いかたちになりそうです。

 

本日は、AMDの狙いなどにも触れつつ、

株式交換?キャッシュアウト?どういうこと??

といった、買収の手法について、取り上げてみたいと思います。

ニュースなどでよく目に耳にする言葉だと思いますので、投資をする上でなにがしか参考になりましたら幸いです。

AMDの狙いはなにか?

まず今回、AMDがザイリンクスの買収に至ったその狙いから簡単にご案内します。

AMDはこんな会社

AMDは1969年に発足した、パソコンやサーバー向け(データセンター向け)のCPUと、GPUを手掛けている企業です。

CPUとは

Central Processing Unitの略です。

コンピューター全体の計算処理を担う半導体。頭脳にあたるパーツなので、この性能が高いほど速く動作する。

GPUとは

Graphics Processing Unitの略です。

パソコン上に画像を表示させる処理機能を専門に担う半導体。画像描写専門の頭脳といえます。

前者は [INTC] インテル、後者は [NVDA] エヌビディアが競合になります。

買収先のザイリンクスとは

ザイリンクスは、「FPGA」(フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ)と呼ばれる、プログラマブル・デバイス(プログラミングが可能な半導体)の設計・開発を行っている企業です。

プログラミングが可能な半導体って、なになに??

 

一般的な半導体は、

  1. 設計時に仕様や機能を定める
  2. 製造時に①の仕様に沿って全ての回路が固定される

そのため、後から変更する事は出来ません。

この点について、

  1. ユーザが手許で必要な回路の構成情報を設定できる
  2. 何度でも再設定することで再利用や修正が可能

これをプログラマブル・デバイスと呼びます。

プログラマブル・デバイスのメリットは?

  1. 設計・検証コストが抑えらる
  2. 汎用性が高い

この2点に加え、FPGAは、データセンターでCPUの代わりに使う動きが出てきました。

そのため、インテルも2015年に、アルテラという同じくFPGAを手がける会社を買収したような経緯もあります。

アステラは業界2位でしたが、AMDは今回、業界1位のザイリンクスを手に入れようとしているわけです。

株式交換とは

さて、半導体のお話は以上にして、ここからは買収に手法について触れて行きたいと思います。

今回、以下のような条件が提示されています。

ザイリンクス株1株に対してAMD株1.7234株を割り当てる

 

どういうことかと言うと、

  • 今までザイリンクスの株主だった人に
  • AMDの株式が上記比率で与え・交換され
  • みなザイリンクスの株主ではなく、AMDの株主になる

というわけです。

これが「株式交換」による買収です。

 

AMDはザイリンクスの株主に現金を渡して、株を買い取るわけではないので、懐からお金は出ていかない(キャッシュアウトがない)ということになります。

キャッシュアウトとは

広い意味では、キャッシュ(現金)がアウト(出ていく)することをいいます。

  • 商品の仕入
  • 資産の購入
  • 設備投資
  • 借入金の返済
  • 株主への配当

などは、現金が減少しますので、キャッシュアウトが生じる行為です。

子会社化では金銭を交付する場合も多いです

ここまでは、今回のAMD-ザイリンクスに絡めて、株式交換の話をしてきましたが、他の事例などでは、金銭を交付する場合も多いです。

 

直近では、NTTによるNTTドコモの完全子会社化がまさにそのケースです。

NTTはドコモの株式の66.21%を所有しており、一般株主が持つ3割強の普通株式TOB(株式公開買い付け)で取得する。買い付け総額は4.3兆円。

この場合は、4.3兆円というお金が、NTTから一般株主の手元にわたる形になります。

資金の手当が必要

キャッシュアウトになるこの現金を、NTTは手当する必要があります。

そのため、

  • 三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガが約3兆4000億円を融資
  • 残りを日本政策投資銀行、農林中央金庫、三井住友信託銀行が担う

という形で銀行からの融資によって賄った模様です。

 

子会社と完全子会社

世の中には子会社は数多の数あり、上場会社の中にも、親子上場と言われるような、親会社・子会社ともに上場しているケースも結構あります。

ただこれが「完全子会社」となると話が違ってきます。

「完全子会社化する」ということは、親会社が子会社の全ての株式を保有することになるため、子会社の株式は自由に売買することができなくなります。結果、独自で上場することはできなくなるような次第です。

ザイリンクスやNTTドコモの場合も、「全株式を取得」=完全子会社化になりますので、期日を以って上場廃止となるようなわけです。

 

以上、本日は最近また良く耳にするようになった買収のお話を、株式交換・キャッシュアウトという切り口で、取り上げてみました。

 

米国株の最新ポートフォリオです。

最新ポートフォリオ(米国株)最新ポートフォリオ(米国株) <2020年12月20日更新> ティッカー 銘柄 株数 AAPL アップル ...

半導体関連では、インテル・クアルコム・テキサス・インスツルメンツ、製造装置のKLAテンコール・ラムリサーチ、受託製造会社の台湾セミコンダクターなどを保有しています。