米国株

[ARCC] エイリス・キャピタルの新規購入が停止に。マネックス証券からの発表のまとめ

なごむ
なごむ
エイリス・キャピタルの新規買付停止の発表を聞いて、何が起こったの?と困惑中の方へご案内です。

この記事では、マネックス証券の発表内容をベースに、

  • 他にも同じ扱いとなる銘柄
  • 新規買い付け停止の理由
  • 他の証券会社での扱い

などについて、まとめてみましたので、参考になりましたら幸いです。

[ARCC] エイリス・キャピタルとは

ブルームバーグのサイト<https://www.bloomberg.co.jp/quote/ARCC:US>からの引用です。

エイリス・キャピタル (Ares Capital Corporation) は管理投資会社。米国にある中規模企業の債券および株式を中心に投資することで、収益および資本の増加を目指す。

利回りが9%ほどもある高配当の銘柄で、日本でも大変人気があります。

私も、いま85株程度ですが保有していて、株価が下がると買い増しをしていたので、今後新規に購入できないのは大変痛いです。

 

マネックス証券の発表内容は?

2020年11月13日 午後2:12にマネックス証券の清明社長から以下のようなツイートがありました。

マネックス証券・清明社長のツイートより

 

マネックス証券発表の新規買付停止銘柄

以下同社サイトからの転載です。

シンボル 名称
ARCC ARES CAPITAL CORP
ORCC OWL ROCK CAPITAL CORP
GBDC GOLUB CAPITAL BDC INC
PSEC PROSPECT CAPITAL CORP
MAIN MAIN STREET CAPITAL CORP
FSK FS KKR CAPITAL CORP
HTGC HERCULES TECHNOLOGY GROWTH
TSLX SIXTH STREET SPECIALTY LENDING
NMFC NEW MOUNTAIN FINANCE CORP
SLRC SOLAR CAPITAL LTD
OCSL OAKTREE SPECIALTY LENDING CORPORATION
TCPC BLACKROCK TCP CAPITAL CORP
AINV APOLLO INVESTMENT CORP
CGBD TCG BDC INC
BBDC BARINGS BDC INC
NEWT NEWTEK BUSINESS SERVICES CORP
TPVG TRIPLEPOINT VENTURE GROWTH BDC
PFLT PENNANTPARK FLOATING RATE CAPITAL
GAIN GLADSTONE INVESTMENT CORP
CSWC CAPITAL SOUTHWEST CORP
FDUS FIDUS INVESTMENT CORP
GLAD GLADSTONE CAPITAL CORP
WHF WHITEHORSE FINANCE INC
SAR SARATOGA INVESTMENT CORP
HRZN HORIZON TECHNOLOGY FINANCE CORP
SUNS SOLAR SENIOR CAPITAL LTD
PNNT PENNANTPARK INVESTMENT CORP
BKCC BLACKROCK CAPITAL INVESTMENT CORP
SCM STELLUS CAPITAL INVESTMENT CORP
MRCC MONROE CAPITAL CORP
SSSS SURO CAPITAL CORP
MVC MVC CAPITAL INC
OXSQ OXFORD SQUARE CAPITAL CORP
PTMN PORTMAN RIDGE FINANCE CORPORATION
FCRD FIRST EAGLE ALTERNATIVE CAPITAL BDC, INC.
MCC MEDLEY CAPITAL CORP
OFS OFS CAPITAL CORP
TURN 180 DEGREE CAPITAL CORP
ICMB INVESTCORP CREDIT MANEGEMANT BDC INC

いずれもBDCと呼ばれる銘柄群の模様です。

BDCとは?

あまり耳にしない単語ですが、Business Development Companyの略になります。

BDCとは

アメリカで1940年投資会社法という法律を根拠法として設立された投資会社

中堅企業や新興企業等の事業開発を金融面及び経営面からサポートするのが主な業務。

中小企業・新興企業は、銀行からの融資を受けることが、そのリスクの高さから困難な傾向にあります。

そこでBDCは、

  • 企業を金融面で支援することによる高いリターン
  • 企業を上場させることによる大きなリターン

を狙って金融・経営面から彼らをサポートし、収益を得るというビジネスモデルを展開しています。

さらにBDC自体は、利益の90%以上を投資家へ配当として分配することで法人所得税の免除という優遇税制を受けています。

そのため、BDC銘柄の配当は総じて高いわけです。

マネックスで取り扱いができなくなった理由は?

清明社長のツイートにもありますが、

取扱いに際し、運用会社または発行体から金融庁長官に対しての届出が必要であるにも関わらず、未届けの状態であった

ことが判明したということのようです。

上のリストが掲載されたマネックス証券のサイトにも、

国内事業者が順守すべき制度上ご注文をお受けすることができない銘柄であることから、当社としては、お客様の資産保護ならびに法令順守を最優先とすべく、速やかに新規買付の停止を行う必要があると判断いたしました。

とありました。

[EQIX] エクィニクスでも同じような回答あり

[EQIX]エクィニクスという銘柄をご存知でしょうか?

[EQIX]エクィニクス ※Yahoo!ファイナンスより引用

エクィニクスは米国のデータセンター運営企業。主にコロケーションや相互接続ソリューションなどのサービスを備えたデータセンターを展開する。米国内で、国際ビジネス・エクスチェンジ(IBX)データセンターを運営し、セキュリティー、人員派遣、カスタマーサポート、機器・電源システムなどのサービスを提供する。

アマゾンのAWSやマイクロソフトのAzureといったクラウドサービスで使われているデータセンターを実際に運用している会社です。

 

非常に魅力的な投資先なのですが、SBI・楽天とも取り扱いなしマネックス証券でもダメそうなため、問い合わせをしたところ、以下のような回答がありました。

誠に恐れ入りますが、「EQIX」については金融庁に届出がされていないREITとなりますため、当社では対応できない状況でございます

そのため、現状、今後も対応が難しい状況となり、お客様にはご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

今回のエイリス・キャピタルも、これと基本同じ理由のようです。

保有・売却はOK、新規買い付けはダメ

整理をするとこういうことになります。

  • 現在保有されている該当銘柄の株式は継続して保有いただけます。
  • 該当銘柄の売却のご注文については、特段の制限等は行いません。

すでに保有している分については、心配は無さそうですが、新規買い付けができないのは大変残念です。

他の証券会社の扱いは?

マネックス証券以外の扱いはどうなのでしょうか?

SBI証券の場合

SBI証券では、エイリス・キャピタルは今回の件にかかわらず、ずっと扱っていません。

FIREで有名な三菱サラリーマンさんも、同氏のブログの記事で、

【残念すぎる】SBI証券が「ARCCは取り扱い不可」との判断。

という記事を書かれています。

楽天証券の場合

残るは楽天証券のみです。

いまのところ、それらしきアナウンスは見つけかれなかったので、まだ買えそうですが、遅かれ早かれ同様の措置になる可能性は大いに考えられます。

どこかで株価が下押しする場面があれば、大きく買いに出てみるのも良いかもです。

[MAIN] メイン・ストリート・キャピタルも停止対象

上のリストの中に、MAINとありますが、私はこの銘柄も、25株だけですが保有しています。

[MAIN] メイン・ストリート・キャピタル ※Yahoo!ファイナンスより引用

メイン・ストリート・キャピタルは米国の中小企業に投資を行う。銀行貸付債権、普通株式、劣後貸付債権に投資。主に南西部、北東部、西部のエネルギー、メディア、ITサービス、娯楽、専門小売り、ソフトウエア業種に焦点を置く。総投資価額は15億7,240万ドル。

こちらも高配当、かつ毎月分配だったので、非常に残念です。

楽天ではARCC同様扱いがあるので買い増したいところですが、3月のコロナショックの局面では、ARCCともども大暴落だったので、どうするか思案のしどころです。

まとめ

マネックス証券の米国株は、オススメする方は少ないのですが、

  • 無料でリアルタイムの株価表示がある
  • 新規銘柄の取り扱いに積極的
  • 清明社長になられてからSNSでのコミュニケーションも活発

なので、個人的には米国株のメイン口座にしています。

 

手続き的な問題であれば、なんとか良い方向に進んで、また買い付けができるようになって欲しいところですね。

以上、本日は13日からマネックスで急遽新規買付が停止になった銘柄から、主に[ARCC] エイリス・キャピタルを取り上げ、お話させていただきました。

まとめ
  • マネックス証券で、ARCCをはじめとするBDC銘柄が新規買付停止
  • 理由は、日本の金融庁への届け出がなされていなかったため
  • SBI証券は今回の件より前から取り扱いなし
  • 楽天証券はまだ取り扱いあり
  • 3月のコロナショック時は、大暴落した銘柄群のため、買い増しは慎重に

米国株の最新ポートフォリオです。ほとんどがマネックス証券で保有している株です。

最新ポートフォリオ(米国株)最新ポートフォリオ(米国株) <2020年12月20日更新> ティッカー 銘柄 株数 AAPL アップル ...