【貯める】支出を減らす

SALEがまもなく開始。「節約」の宿敵を強い気持ちで跳ねのける考え方

SALEの案内が届き始める季節になりました。

もともと服や靴・カバンなど、ファッション全般大好きだった私KAZUですが、いまは全く買わなくなっちゃいました。

それでも当時の名残で、こういったインビテーションのメールやハガキは、今もちょくちょく届きます。

最大50%OFF! 夏のクリアランスセール スタート!
【会員限定SALE本日6月21日より開催中!春夏アイテム30%OFF!

こんなヤツですね。

 

KAZU
KAZU
あー、たくさん浪費してたなー。「金の卵を産むニワトリ」や「お金のなる樹」を買っておけばよかったなー。

と、そのたびに思ったりします。

というわけで本日は、お買い物したい気持ちに抗うTips3つ、そしてその後訪れる境地?について、書いてみたいと思います。

こんな方に

  • もともとお買い物大好き!
  • コロナのせいで買いたい意欲が増し増し
  • 今回は爆買いしそうな自信がある

 

買いたい気持ちが生じた際の3つの問いかけ

次に挙げる3つについて、自身に問いかけてみましょう。

Q1:それは本当に欲しいモノなのか?

「安い」ことが理由になっていませんか?

先日届いたフェリージのインビテーションカードには、

期間中、ご不要になったバッグや財布(ブランド問わず)をお持ち込みいただき、その場でフェリージ製品をお買い上げの場合、税抜き商品代金から10%OFFさせていただきます。

<以上カードの記載から引用>

と書かれています。

もしかして、マーケティングにまんまと乗せられて「安くなるという言葉に惹かれてるだけ」かもしれません。

いくら安くてもお金が出ていくことに変わりはないです。

Q2:欲しいと思う理由はなんなのか?

他の人が持ってたり、見せびらかしたいような気持ちがその根本にあったりしないか?

ちょっと考えてみましょう。

人間なので、見栄とか、他人に対する羨望とかが生じるのは仕方ないところでもありますが、それが欲しいの理由になっているのは望ましくないですよね。

ほんとうに自分が欲しいと思っているものなのか?

いま一度立ち止まって考えてみるのが肝要です。

Q3:その欲しかった時の気持ちは、購入した後も継続するか?

購入したものの、タンスの肥やしになってるなんて経験ありますよね。

買って満足!

 

これはたぶん、買う行為自体=欲っしていたこと で、対象はもしかしたら何だって良かったのかもしれません。

手元には、実はそんなに欲しくなかったモノが残っただけ では少々残念です。

手に入れた後の姿や活用している様子を思い浮かべて、買うことが目的になっていないか、考えてみましょう。

買わないことが習慣化

さて、それでも抗えずに

買っちゃったー。

ということも起こりますw

自分にとって価値あるもの

でも、上に挙げた3点をクリアしているモノであれば、きっとそれは、「自分にとって本当に価値あるもの」なんだと思います。

もし、ミニマリストになっても、

「これは残す」

と言える、そんなものではないでしょうか?

だんだん快感になってくる

さて、上記の思考を巡らすことが習慣化してくると、その内少しずつですが、気持ちに変化が生じてきます。

  1. 買わないことを続けていく。
  2. それが快感になっていく。
  3. 逆に購入することが快感で無くなってくる。

なんてことが起こってきます。

「買わないことが快感」は、「買い物がストレスの発散」になる のまさに逆バージョンですね。

こうなればもうこっちのものです(笑)

KAZU
KAZU
いまたぶんこの境地です

 

あれだけ散財してた私が到達できたので、たぶん大したことない境地 とは思いますが、もし、

いつもSALEに負けちゃうんだよなー。

という方がいらっしゃいましたら、上記考え方、活用してみてください。

以上、本日はSALEの時期に合わせて、誘惑のはね退け方を記事にしてみました。