【貯める】支出を減らす

保険 不要問題:高額療養費の支給・民間医療保険の受給は? 日帰手術の実例で紹介 

民間の「医療保険」不要論があるなか、KAZUは現状、以下の2つの保険に加入しています。

  • メットライフ生命 新終身医療保険<Flexi(フレキシィ)>
  • メットライフ生命 終身ガン治療保険<ガードエックス>

そんなわたくし、

KAZU
KAZU
昨年末12/23に、外科の日帰り手術を受けましたー

その後手続きを経て、高額療養費支給・医療保険の支払いを受けましたので、

  • 医療保険からはいくら受給できたか?
  • 高額療養費としていくら支給されたか?

といったお話を、実例としてご案内したいと思います。

民間保険に支払っている保険料

いずれも2015年に加入したものなのですが、クレジットカードでの年払いです。

  • メットライフ生命 新終身医療保険<Flexi(フレキシィ)> 82,838円
  • メットライフ生命 終身ガン治療保険<ガードエックス> 46,445円

月1万円をちょっと超えるくらいの保険料を支払っています。

KAZU
KAZU
楽天カードでポイントはゲットしてます!

手術の内容

「腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術」でした。

鼠径ヘルニア

鼠径部と呼ばれる左右の足の付け根の部分から、腸や内臓脂肪などが腹膜から飛び出してしまう病気。一般的には「脱腸」と呼ばれている。

以前一度左の足の付け根を手術(盲腸みたいに切りました)したのですが、今回は逆の右側。

前回も日帰り手術だったのですが、術中局部麻酔があまり効かず超痛かったので、今回は、腹腔鏡&全身麻酔で行う日帰り手術にした次第でした。

医療機関に支払った金額

  • 初回の診察/手術日決定時:4,670円
  • 手術当日:117,960円

でした。ともに3割負担です。 ※総医療費は401,950円の模様

ちなみに、高額医療費になる場合、

  1. 先に手続きをして、医療機関へ実際に支払う金額を最初から少なくする
  2. いったん全額支払い、あとから支給を受ける

の2パターンあるのですが、今回初診と手術の間が1週間しかなく、手続きをする時間がなかったため、②の手法を取りました。

医療保険の受給額は?

医療保険の支給申請は、メットライフの場合「かんたん給付請求」というメットライフ生命アプリ内の給付金請求用サービスがあり、ものの10分足らずで完了しました。

  • 診療明細書 ※領収書を撮影して送る
  • 病院名・診療所名、受療された方の氏名、手術名 を入力

のみです。

受付からなんと2日後にさっそく振り込みがありました。

新終身医療保険<Flexi(フレキシィ)>から、40,000円

こちらが給付額でした。

高額療養費の支給額は?

こちらは、上述のとおり②のパターンでしたので、特段の手続きをすることなく、通知を待っているだけ でした。

支給決定通知書が届いたのは約3ヶ月後。

支給額 39,135円

でした。

自己負担額は?

以上を整理すると、

  1. 高額療養費のみの場合:122,630円 ー 39,135円 = 自己負担 83,495円
  2. 民間保険の受給も含めた場合:83,495円 ー 40,000円 = 自己負担 43,495円

となります。

KAZU
KAZU
確かに民間の医療保険からの受給があるとありがたいです。

ただ、保険料を新終身医療保険<Flexi(フレキシィ)>で、年間8万円超支払っていることを考えると、うーん という感じではあります。

保険不要論についての私見

こんな風に感じています。

  • 独り者の場合は死亡保険は不要
  • ガン保険/医療保険は、心配性の方は心の安寧目的で加入はアリ
  • とはいえ、月々の保険料があまりに高額になるのは避けるべき

KAZUも年齢的にはリスクは高まるばかりなので、なかなか解約には踏み切れません。

KAZU
KAZU
年金保険は解約しました!

もう少し保険料を落とすか、共済保険に変更するなどで続ける公算が高いなぁと感じています。

以上、今回は自身の手術への公的・民間保険からの受給についてまとめてみました。ご参考になりましたら幸いです。