【貯める】支出を減らす

「持ち家は負債」問題について、貸借対照表(B/S)を使って考えてみるとわかりやすい。

日本の場合、持ち家は「資産」じゃなくて「負債」というお話。

リベ大のYouTubeでも度々話題になるこの件、

KAZU
KAZU
コレって、貸借対照表(バランスシート)で表現するとわかりやすいかもー

と思い、本日は、バランスシートの「右側:資産」、「左側:負債」というところから始めて、持ち家=負債問題を解説してみたいと思います。

 

数字とか苦手
数字とか苦手
貸借対照表なんて、よくわからないよー

って方も、分かりやすくまとめてみましたので、ぜひお読みいただけましたら幸いです。

こんな人に読んで貰いたい

  • 持ち家負債問題:なんとなく分かるんだけ、いまひとつ腹落ちしない
  • 持ち家がなんで負債なの?? と思う方
  • 貸借対照表(B/Sバランスシート)って、なんだか難しいと感じてる方

まず貸借対照表を簡単に説明

まずは見た目ですが、こんな感じのモノだと思います。

これを見ただけで、

経理苦手
経理苦手
うー、もうイヤ

って方もいそうですが、

貸借対照表

決算期末など特定の時点の会社の資産の状況を示した表

KAZU
KAZU
例えば月末時点で、自分の資産や借金の状況をまとめたもの

と考えるとわかりやすいかもです。

右と左が分かれているのは

こういうことを意味しています。

  • 右側:資金の調達方法(借金or自前)
  • 左側:その資金の使い道(現金のまま、モノを買ったetc)

なので、実際の貸借対照表には、

  • 右側: 借入金・資本金(会社を作る際に用意したお金)など
  • 左側: 現金・預金・固定資産 など

が記載されているわけです。

「資産」と「純資産」の違い

似たような名称が出てきて、??かもしれませんが、

純資産

資産から負債を引いたもの

です。

KAZU
KAZU
借金があればそれを引いた残りのお金

純粋に、本当の資産と言えるのは、この「純資産」になります。

これを持ち家の取得に当てはめると

この図に、持ち家を借金して買った場合の2つの例を当てはめてみましょう。

分かりやすいように、「資産が家だけ」という形で表現しています。

望ましい状態:持ち家の価値の方が、借金よりも多い

持ち家の価値の方が、借金(負債)の額よりも多い状況です。

これであれば万が一、何かの事情で家を手放さないとダメになった際も、借金は全部返済できます。

「リセールバリューの高い家」を買いましょう!

というのはこの理由によるところです。

多くのケース:借金の額の方が、持ち家の価値よりも多い

先ほどとは逆に、借金の額の方が、持ち家の価値よりも多い場合の図です。

これだと、万が一の際に家を売っても借金だけが残る というツラい状態になります。

残念ながら日本ではリセールバリューが高い、上掲の図のような家を手に入れるのは、素人にはなかなか難しいため、その結果、「持ち家=負債」という図式に至るわけです。

日本の新築は必ずこの状態になる

最近CMでもよく見かけますが、

新築の家は鍵を空けた瞬間に、価値が20-30%下がる

と言われています。

そのため、借金して新築を買う → ローンが払えなくなる → 強制競売 → 借金だけが残る というケースが起こってしまうわけです。

競売

土地や建物の購入時に借りた住宅ローン返済ができなくなるなど、不動産を担保にした借入金等の債務履行ができなくなった場合に、債権者が裁判所へ申し立てを行い、不動産を差し押さえて処分(売却)し、その代金から回収を図る手段

持ち家の一番のネックは?

一度購入すると、途中で路線変更が難しい

これが一番のネックと言えるでしょう。

賃貸であれば、万が一の際は、より家賃の安い家に引っ越したりなど、対処は可能ですが、持ち家で借金を抱えた場合、逃げ場がなくなってしまう ということですね。

よくある反論と答え

以上が、賃貸=負債論の説明ですが、最後にこの話で必ず出てくる反論等をまとめてみたいと思います。

Q: 月々の家賃支払いと同じ金額でローン払えるけど?

  • よくある「業者の常套句」 騙されないように
  • 固定資産税や修繕積立金など、「隠れ経費」も加味して判断
  • 「ローンから逃げられなくなる」ことは十分考えておく

 

Q: 賃貸でずっと払い続け、何も残らないのより良いのでは?

  • 借金を払い切ると、確かにその家は純資産になる
  • ただ仮にローン期間が35年だとすると、新築だった家は築35年の家になる
  • その家の資産価値が、支払った金額に見合うか という視点を持って判断

 

Q: マイホームが夢でもダメですか?

  • そういう場合はぜんぜんOK
  • そこは「お金を使う」の範疇 ※「お金を貯める」ではない
  • 「資産としてどうか?という話」と「感情的な話」を混ぜるとかみ合わなくなるので注意

 

わたくしKAZUの個人プラン

以上、本日は「持ち家は負債」問題について、貸借対照表を使ってお話してみました。

KAZU
KAZU
ちなみに私自身は、これまでずっと賃貸でした。

 

最近、固定費を抑えるため、安い家賃の家に引っ越ししました。

生活水準を落とすのは難しい? 家賃を4万円下げてみた体験をご紹介世間でよく言われる「生活水準は、一度上げると落とすのは難しい」というお話についてです。 「お金を貯める」の出発点は、まず不要な支出...

このあたりが賃貸の良いところではあります。

とはいえ、ずっと賃貸という状態に不安を覚える気持ちもとても分かります。

海外移住も検討中

実は、

KAZU
KAZU
一昨年ですが、マレーシアのMM2Hというリタイアメントビザを取得しました。

現状渡航は叶わない状況ですが、クアラルンプールのコンドミニアム暮らしも選択肢として考えています。

現地の業者さん
現地の業者さん
費用は家賃の2.5ヵ月分の保証金及び一か月分の前家賃が契約時に必要となります

という感じのようです。

海外移住の心配な点は医療

東南アジアな食べ物も好きな方なのでそこも心配はないのですが、

「衣食住」ならぬ「医食住」

身体が衰えていくことを考えると、「医療」が一番心配です。

そのあたりも考慮して、1、2年うちには決断したいなぁと思っています。

 

以上、なにがしか参考になりましたら幸いです。