【守る】資産を守る

WealthNaviとTHEOの2つのロボアドを解約した理由

先日、WealthNaviとTHEOのロボアドバイザーを解約し、全資金を引き出しました!

基本、新しモノ好きなので、わりと初期から始めたロボアドでしたが、ロボアドを使う必要性・意味を感じなくなったような次第です。

というわけで以下では、解約を決断した理由等についてより詳しくお話したいと思います。

こんな人に読んでいただきたい

  1. ロボアドバイザー未経験の方
  2. ロボアドバイザーをやってるけど、見直そうかなぁと揺れてる方
  3. 手数料が確かに気になっていたという方

解約理由3点

以下の3点が、主な解約の理由になります。

  1. もともと運用額が少額だったこともあり、そろそろ資金を集約しようと思った
  2. 運用している銘柄に、お任せする意味合いを見出せなかった
  3. 何よりコストが気になった

以下では、資金集約は個人的な理由なので、「銘柄」「手数料」の2点に絞って、個人的な見解をご案内したいと思います。

運用している銘柄に、お任せする意味合いを見出せなかった

これは、WealthNaviに関しての感想です。

まずは、こちらをご覧ください。

どうでしょう?

至って、ものすごく真っ当。正統派です。

真っ当・正当でなにがダメなのか?

米国株ETFのVTI、債券ETFのAGG、REITのETFの代表格と言ってもいいIYR。

「ETF」という言葉を知っていたら、普通知ってそうな銘柄ばかりです。

そこで思うのは、こんなことでした。

KAZU
KAZU
これ自分で簡単に買えるけど、お願いする必要ある?

 

これが、「お任せする意味合いを見出せなかった」と書いた大きな理由です。

何よりコストが気になった

そして何よりコストです。

上記VTIを例に比較すると、自分で買った場合、「VTI現物」「楽天のVTI」ともこんな経費率です。

VTI経費率(年率):0.03 %

楽天VTI:年率0.162%

KAZU
KAZU
これ自分で簡単に買えるのに、さらに1%も経費払って、お願いする必要ある?

と思う訳です。

手数料1%は、よくよく考えると、実のところかなり大きい

単に「手数料1%」とだけ聞くと、ふーん という感じかもしれません。

でも、株の利回りを想像してみるとどうでしょう?

高配当と呼ばれる銘柄は、「3%から」ではないでしょうか?

なにかあって株価が下がり、4%や5%の配当利回りになると、みな飛びつく感じです。

手数料1% = この配当利回りから1%削られるということ

 

以下はWealthNaviのとある取引例です。

トータルでマイナスにならないものの、手数料は月々引かれるので、明細の一部を見ると、こんな記載が目に飛び込んで来ます。

 

どうでしょう? 1%の重みがより伝わった感じじゃないでしょうか。

ちなみにTHEOはどうか?

WealthNaviさんを上記理由で解約したのち、THEOはつい先日まで続けていました。

手数料に関しては同様ながら、こと銘柄分散という点では、THEOは期待していたイメージに近かったからです。

THEOの銘柄

私が選択した運用方針から、以下のような診断結果となりました。

「安定性重視」:グロース40%、インカム44%、インフレヘッジ16%

そして、選ばれた銘柄は以下のような内容でした。

グロース40%

インカム44%

インフレヘッジ16%

詳しい方には、ご存知の銘柄も多いのかもしれませんが、個人的にはかなりマニアックな印象でした。

冒頭に書いたとおり、THEOも結局は解約したのですが、ここで提示された銘柄は今も自身で購入する際に参考にしています。

THEOの手数料減額の条件

THEOをしばらく続けた理由は、上記銘柄分散が気に入ったことに加え、手数料の減額がされる点でした。

月々の積立設定をすると、預かり資産額によって手数料が以下のような感じで軽減される制度となっていました。

  • ブルー :1万円以上50万円未満 0.90%
  • グリーン:50万円以上100万円未満 0.80%
  • イエロー:100万円以上1,000万円未満 0.70%
  • レッド :1,000万円以上 0.65%

※WealthNaviにも長期割といって、運用期間に応じて0.9%まで手数料が減額されるサービスがあります。あとは預かり資産3000万を超えると0.5%など。

1万円以上投資するとすると0.9%、50万円以上だと0.8%となり、少しではありますが、手数料負担が少ないのが魅力でした。

ロボアドは「ぼったくり」か??

さて、以上WealthNaviとTHEOについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

個人的には「利用する理由はまったく無い」という結論ですが、

資産運用はしたいけど、

  1. 時間があまり取れない
  2. 運用自体にはあまり興味が無いので任せられるものであれば任せたい
  3. なので、手数料!%払っても構わない

という方にはいいのかもしれません。

 

なぜ、バンガードやブラックロックがあそこまで経費率を落とせるかと言うと、ひとえに運用している総資産額によるものです。

それが、全世界を相手に資産運用を行っている会社と、日本国内だけを対象にビジネスをしている会社の差となって現れているだけ と言えばそれだけでしょう。

日本国内を対象としたビジネスでは、1%貰わないと割に合わない

ということなんだと思われます。

なので、ビジネスとしては「ぼったくりではない」という感じでしょうか(笑)

 

以上、本日はロボアドについて言及してみました。

あくまで私見ですが、参考になりましたら幸いです。