【守る】資産を守る

ソーシャルレンディング投資をすべて整理中。唯一魅力を感じているサービスはこの1社だけ。

ソーシャルレンディング系への投資を整理中です。

元々は、以下の5社を利用して、投資していたのですが、SBIソーシャルレンディングの廃業もあり、投資期間が終わったモノから、片付けて行っています。

  • SBIソーシャルレンディング
  • OwnersBook
  • クラウドクレジット
  • Funds
  • CREAL

 

基本的に、新しいモノ好き なので、色々手を出してはみたのですが、整理を始めたのは、

  1. 日本への投資は、日本株とJ-REIT + インフラファンドで十分
  2. ソシャレンに限らず、年齢的にもアレコレは手出しはそろそろ止めて、幾つかに絞ろう

というのが主だった理由です。

とはいえ、個人的に(金銭面ではなく)魅力を感じるモノもありますので、そのあたりは少額・お楽しみ感覚で続けてもいいかな とは思っています。

以下、ソーシャルレンディング系にもう投資しているけど、続けようか止めようか迷い中の方の参考になりました幸いです。

ソーシャルレンディングがオススメでない理由

「利回りが相応に高い」というのが、ソーシャルレンディングの投資先として感じる魅力かと思います

一方、ソーシャルレンディングについて検索すると、「やばい」「危ない」「大損」「失敗」といった単語も表示されます。

なぜかというと、逆に以下のようなデメリットがあるからです。

ソーシャルレンディングのデメリット

主なデメリットを列挙すると、次のようなところになります。

  1. 貸出先の情報が十分に開示されない
  2. 貸し倒れリスク(ソシャレン会社および貸出先のデフォルト)
  3. 資金が満期まで拘束される(途中解約できない
  4. 総合課税のため、給与と合算されて課税される ※株式は分離課税
  5. 早期償還された場合、当初予定より得られる利子が少なくなる

 

リベ大ではオススメされていない

リベ大のYouTubeでは一貫してソーシャルレンディングはオススメしない でした。

  1. 市場に厚みがない(規模が小さい
  2. リスクとリターンのバランスが取れていない(貸し倒れリスクがある割にリターンが限定的

この2点が理由として挙げられていたと思います。

一番のデメリットは貸し倒れリスク

ソーシャルレンディングは、

  • 金融商品取引業
  • 貸金業

という2つの業態が、ソーシャルレンディング会社を間に挟んで行われている形になっています。

以下の図がわかりやすいので、SBIソーシャルレンディングWEBサイトから引用しました。

 

  • 私たちとソシャレン企業間は、「第二種金融商品取引業」として商品を販売・募集する
  • ソシャレン企業と貸出先間は、「貸金業」としてお金を貸し出す

というわけです。

 

この構造のため、もともと私たちには、貸出先の情報が明かされないルールとなっていました。

ただこのルールは改訂され、今では借り手の公開はOKになりました。とはいえ、十分な情報が伝わってくるとは言えず、

その結果、私たちは、

・どんな借り手なのか、きちっと把握できない

・担保物件(貸し倒れの際に売却してお金に変える土地等)の価値正当か不確か

なまま、ちょっと高めの利回りに魅了され、投資してしまっているのです。

その結果起こって来たこと

ソーシャルレンディングという名前ながら、中身は貸し付けなので、

  • 借り手が予定通り返済できず遅延
  • 担保不動産が、例えば二番抵当で、十分な返済に至らず ※一番抵当の人が先に返済を受けます

といったことが、きちっと審査されていたはずなのですが、起こったりします。

ただ、これらは貸し出しを行う以上、想定されるリスクと言えます。

 

問題となったのは、そういうレベルではなく、募集と貸付を同じ企業が担う(上記の図だとSBI)ため、

  • 融資基準が適当だった
  • 用途外の運用がなされていた

点にありました。

最大手のSBIでこの問題が発生してしまった

ソーシャルレンディングについては、2018年に起きたmaneoの事件もあり、不正防止に向けた動きが取られていたはずでした。

ところが、今年最大手、SBIの看板もあり信頼の高かった、SBIソーシャルレンデイングにおいて、「貸付先企業の資金の不正流用」「資金使途の確認義務が果たせていなかった」という問題が発生。

冒頭に書いたとおり、廃業・事業撤退となった次第です。

整理状況

ロードスターキャピタルが運営する「OwnersBook」だけ、まだ運用期間が続いているため継続していますが、この8月に満了となった時点で資金は引き上げ予定です。

投資を終えた待機資金もいくらかあるのですが、OwnersBookの場合、出金するのに手数料を取られてしまうため、すべての物件の投資が満了してから、一括して出金を と考えています。

それでも魅力を感じているサービス

「クラウドクレジット」です。

一番、危うそうじゃない?って声もありそうですが、クラウドクレジットの特徴としては、

  • 投資先が海外
  • 個人・中小企業、ノンバンク・マイクロファイナンス機関、農業事業者向けなど、他のソシャレンで見ないモノが多い
  • 社会的インパクト投資の推進を謳っている ※貧困層支援や教育問題など社会的課題の解決に取り組む企業等に投資して、経済的リターンと社会的リターンの両立を実現する投資手法
  • 比較的運用期間が長め、高利回り

といったあたりが挙げられます。

投資家と資金需要者のマッチングを行うという点では同じですが、ちょっと毛色は違います。

クラウドクレジットに惹かれている理由

クラウドクレジットに関しては、投資先がちょっと魅力的だから、理由はそれだけです(笑)

例えば、以下のような案件です。

●【ケニアシリング建て】東アフリカ金融事業者支援ファンド3号
利回り12.3%、運用期間25ヵ月

東アフリカ地域の3ヶ国(ケニア、ウガンダ、タンザニア)で、個人向けローンと中小零細事業者向けローンを行う金融事業者グループへの融資

●【ウガンダシリング建て】アフリカ未電化地域支援ファンド2号
利回り10.7%、運用期間25ヵ月

ソーラーパネルを、ケニア、ナイジェリア、ウガンダ、ガーナ、タンザニアを中心に11か国に対して販売する事業への融資

KAZU
KAZU
どうです? ちょっとワクワクしませんか?

アフリカに投資

一応、無事償還もされました。

 

ちなみに、ケニアシリング・ウガンダシリングという外貨は、Wikipediaからの引用によると、

シリング(英語: Shilling)はケニアの通貨。(中略)東アフリカのなかでは最も安定した強い通貨であり、国外ではソマリア、南部スーダンといった情勢不安定な地域で使用されることが多い。

ウガンダ・シリングはウガンダの通貨である。(中略)新しいシリングは安定した通貨となり、外国為替市場が発達していないウガンダにおいては、ほとんどの商取引の決済に使用されている。

だそうです。

KAZU
KAZU
どうです? ちょっとワクワクしませんか?(2回目)

 

グローバル感や社会的インパクト投資という部分に共感するところもあります。

ただ、償還時の元本割れ件数は相応にあるので、1万円とか2万円くらいの範囲で、投資している感じです。

いま現状は、クラウドクレジットからも全額引き上げていますが、上述したような感覚で少額であれば、また再開したいなぁと思っています。

 

以上、本日はソーシャルレンディングについて、言及してみました。少しでもご参考になりましたら幸いです。