【貯める】支出を減らす

業務委託のフリーランスが、テレワークになって節約になったこと。

来週でようやく緊急事態宣言も終了。

昨日、テレビ会議で話をしたお客様によると、その会社(誰もが知ってる一部上場企業)も、このタイミングに合わせ、半数:出社・半数:在宅になりそう とおっしゃってました。

さて、私KAZUは、もともと常駐が基本の業務委託です。

なので、職場に席があるのですが、このコロナ禍で、ほぼほぼテレワーク。出社しても、face to faceの打ち合わせが必要なための1時間だけとか、そんな感じでした。

好評・不評の分かれるテレワークですが、以下では、

KAZU
KAZU
私のような業務委託にとって、テレワークで「節約になった」点

 

について書いてみたいと思います。

会社に縛られない、でも出社が必要だったり、契約期間は有期、すべて費用込みの契約などマイナス要素も多い業務委託の一端を感じていただけましたら幸いです。

節約できたもの3選

まずは支出がなくなって節約につながったものです。

クリーニング代

私の場合WEB業界なので、基本ラフなスタイルでみな働いているのですが、ちょっとお堅いお客様先に出向く際は、昔で言うところのワイシャツ・スラックスというスタイルでした。

それがテレワークになったことで無くなったため、クリーニング代がほぼ掛からなくなりました。

クリーニング屋さんと軽くお話した際も、めっきり持ち込まれる量が減ったとおっしゃってましたので、これは社員の方も含めてのことと言えそうです。

職場への出勤・客先移動の交通費

正社員の方は会社から通勤交通費は支給されますし、お客様先への移動の交通費も別途精算になりますが、業務委託の場合は、そのあたり全部込みだったりします。

東京の電車賃はかなり安いのですが、それでも1日最低300〜500円程度、日によってはその倍とかは掛かります。

それがほとんど掛からなくなりましたので、月に6,000円〜10,000円ほど、出費が少なくなりました。

昼食代

これは業務委託に限らずですが、都心で外食ランチは相応にお金が出て行きます。

800円とか1,000円くらいが相場。

それが在宅でお昼を迎えられるので、仕事の合間にキッチンで、例えばパスタを茹でて、市販のソースをかけて、あとサラダと果物少し みたいな生活ができます。

掛かってワンコインくらい

毎日はちょっと味気ないので、外に行く日もありますが、それでも、これもチリツモで、節約に繋がっています。

不要になったもの

続いて以前は必要だったが、不要になったものです。

紙の納品書・請求書

以前はプリントアウトして、押印し提出していた納品書・請求書について、PDFのメール添付でOKになりました。

①Excelで作った納品書・請求書 → ②はんこの画像を貼り付け → ③PDFに書き出し

という形です。

はんこ(角印)の画像は、実際にはんこを押した紙をスキャンして作成したのですが、一度用意すれば済みます。

KAZU
KAZU
あ!はんこが斜めった。。

みたいなことも無くなるので大助かりです。

ネクタイはメルカリ行き

これはクールビズが浸透してきた頃からではありますが、この1-2年でほぼネクタイをすることは無くなりました。

お手伝いしているお堅い会社も

『夏期の軽装(クールビズ)』について

5/1から9/30まで(気候により10月も可)

軽装:ノーネクタイ・ノージャケットに加え、ポロシャツ・チノパンについても、来訪者などに違和感・不快感を与えない節度ある服装に限り着用を認める

こんな通知がいつも春先に流れていたのですが、さらに、

「軽装の通年実施」について

夏期以外の期間においても、当面、軽装(ノーネクタイ等)での執務を行うことを許可する

こんな通知が秋口にされて、ネクタイ姿は見かけなくなってしまいました。

そんなことで、私KAZUも十数本持っていたネクタイを、一部を残して全部メルカリ・ヤフオクで処分した次第です。

社員の方がテレワークで金銭面で損してると感じたこと

ちなみに社員の方にこの話題を振ったところ、2つのお話が聞けましたので、最後にその内容をご紹介したいと思います。

 

お客様
お客様
電気代が高くなった。。

朝から晩まで会社にいたのが、在宅になったため、光熱費(電気代)が高くなったと言われていました。

 

お客様
お客様
定期代が出なくなった!

これは業務委託の話と逆になるわけですが、実費支給になった模様です。

定期なので、土日祝など休日の際のお出かけにも使えた

のが、使えなくなってしまったのが大きいということみたいです。

 

以上、本日は業務委託者のテレワークという視点で、感じたことを記してみました。